ホーム > 乾燥肌 > 乾燥肌の対策は温泉に入ることを思い出して

乾燥肌の対策は温泉に入ることを思い出して

あつ~いお風呂につかるのが至福のときという人も、冬には多いと思います。でも本当はあつ~いお湯ではなく、ちょっとぬるいと感じるくらいの温度に長くつかる方が体には良いみたいですよね。確かに長く入っていると、多少ぬるくてもポカポカしてくるときはありますが、それを待つまでの時間が長いですし、時には待っている間に更に温度が下がっていく時だってありますよね。でも入った瞬間の、体の先の冷えがほぐれていく感覚が熱くないお風呂には無いんです。だから何と言われようと、アツアツ派です。

 

乾燥肌の対策は温泉の感覚?

 

ただ難点がひとつあって、肌が乾燥するんですよね。体はあったまった、でも肌は乾燥しているじゃ損をしている気がします。乾燥肌対策としては、お風呂あがりに保湿クリームをぬるのが一般的ですよね。それが面倒な人は、保湿効果のあるお風呂の素を入れてしまうといいかもしれません。考えてみると、温泉だってちょっと熱めですけど、温泉の効能が肌をしっとりさせてくれますからね。家でも同じことをすればいいわけです。温泉のように朝風呂できたら、朝布団から出るのも苦じゃないかもしれないですよね。ぽかぽかして家を出ることができます。なかなか現実はそんな時間も余裕もないですけどね。